告知

文学フリマに参加してきました

どうも、あさのりです。

先日は初めて文学フリマというイベントに参加してきました。

これまで色々なイベントに参加してきましたが、文章中心のイベントって初めてです。

それぞれサークルさんごとに工夫があって面白かったです。

ゆっくりと一つひとつのサークルを回って見たかったなぁというのが正直な気持ちです。

気を抜くとすぐに散財してしまうのが良くないところ。だってみんな面白く見えるんだもの。

そして、お知らせとしては文フリで発行した新刊の通販を行っています。

I’ll | TORIMA+通販

上記のリンクから直接商品画面に飛べますのでご入用の方はどうぞご活用ください。

カクヨムでも連載していた小説を修正加筆したものですので、改変前の者はWEB上でも読むことが出来ます。

いずれサイトにあげている分も修正する予定なので、お好きな形で作品を楽しんでいただければと思います。

以下I’llについて

DbuN3AfVMAAqWL8

あまり作品ではないところで、内容について語るのもあれかなぁと思うのですが色々と思い入れがあるので少しだけ書いてみます。

元々はこのお話、売れない俳優主役という部分以外は全く別の内容だったんですよね。

ちょっとファンタジーな内容でクリスマス‼‼って感じの内容でした。

こんな男の子いっぱい出てくるお話じゃなくて、女の子といっぱい絡む内容でした。

坂本くんも佐藤くんもいなかったのだ!

男たちのことは置いておいて、物語の中に出てくる女性陣について少しだけお話しようかなと。

お話の中で結構な頻度で出てくるのが、事務員の女の人。さっぱりとしたあまり他人と深く関わるのが好きでないようなイメージで出したんですけど、割とがっつり平田に絡むという。

隠している姿を平田に見られちゃったから、その当たりから彼女の中で平田がアルバイトの一人から秘密を共有してしまった人間という認識に変わったんでしょうね。

一番変化がわかりやすいのは彼女かなと個人的に思っています。

 

もう一人が平田のファンである女の子。

初舞台で平田のこと見てからずっと応援している健気な子です。露出が少ない平田のことをずっと応援し続けているのですから相当ですよね。

私には出来ないな……。

秘かに応援するタイプだからか、ファンレターを送ったこともない接触イベントにも行ったことないはず。

平田ファンって本人そっくりでそういう静かめなファンが多そうなイメージ。

逆に佐藤のファンってアピール凄そう。

彼女を出したのは、どこかで存在しているはずのファンというものを出したかったから。

交わるものがなかったものが交わる瞬間って良くないですか?

私は好きです。

I’llはそういうものの繋がりを書きたかったのです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中